日本のカジノ

日本のカジノ
日本議会はにカジノを合法化する法律を可決し

15年間の政治的議論を終え、日本議会はカジノを合法化する法律を可決しました。カジノ、ホテル、ショッピング、MICE施設を組み合わせた統合リゾートのプロジェクトの道が開いたといえます。

日本のカジノは経済成長のカギになる

日本のカジノは3つだけで年間約100億ドルの純利益を生み出すことができると、Daiwa Research Instituteは推定しました。これは日本の国内総生産の0.2%に相当します。

それでも、カジノは少なくとも2023年まで運営されないだろう、幹部らは述べています。規制、税率、およびギャンブル中毒や組織犯罪などの社会的問題などに対する、新しい法律は1年以内に必要とされています。

ウィンリゾーツを含む国際的なゲーム会社、(ウィン、+ 0.88%)MGMリゾーツインターナショナル、シーザーズエンタテインメントは日本への投資を検討しており、営業権獲得の取り合いが起こる可能性があります。

MGM Grand

MGMの最高経営責任者は、「日本のカジノに最大100億ドルを投入する可能性がある」と同社の10月にロイターに語りました。

コナミホールディングスのようなゲーム機メーカーや、ジャパンキャッシュマシーンのような貨幣計数機メーカーまで、様々な国内企業もまた恩恵を受けることになるでしょう。

安倍晋三首相と自民党は、経済と観光を活性化する手助けになる、と法案を支持しました。

しかし、与党連合と野党の議員の中には法案に批判的な人もいます。

彼らの懸念は、ギャンブル中毒やマネーロンダリング、さらにはカジノが地域の人々に悪影響を及ぼす可能性があることに集中しています。

日本のカジノはまだ反対派が多数

NHKロゴ

NHK放送局による最近の世論調査では、日本の一般市民の44%がカジノに反対し、12%しか支持していないことがわかりました。

カジノ支持派の議員たちは、依存症やマネーロンダリングなどの問題にきちんと措置をとって、懸念を和らげようとしました。

内閣官房長官の菅義偉氏は、必要に応じて専門的な依存症の治療法の研修や、カウンセリ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です